3月 30日 2018年

官民に設置された貿易手続きにかかる官民協議会は、27日の第6回会合で港湾の渋滞緩和策をまとめた。もう1つのCY(コンテナヤード)カットタイム短縮もまもなく調整が済むものとみられる。渋滞緩和策の1つとして、ゲートオープン時間をCYの混雑状況に応じて個別に検討することを求めた。

 

 

 

 

切り離し後も単独運行【西濃運輸】25mダブル連結トラック導入

 

連結経常益100億円以上【JR貨物】18年度事業計画 鉄道事業の黒字継続

 

物流向け新気象サービス【ウェザーニュース】雪害の影響を抑制

 

日中韓で合弁事業【SILC‐Japan】中国山東省で物流事業を開始

 

アパレルの海外調達物流で協業【郵船ロジ、サトー、浪速運送】

 

常温品を新システムで集中仕分け【パルシステム】生産性が大幅アップ

 

タイに新たな現地法人【日本トランスシティ】営業拡大のための機能強化

 

 

 

 

 

【2018年3月30日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri