3月 26日 2018年

厚生労働省は、2018年度から5カ年の第13次労働災害防止計画を策定し、19日に公示した。死亡者数こそ減少しているものの、高齢化などにより死傷者数のかつてのような減少は望めず、これまでとは異なった切り口での対策が求められていると見解。重点とする業種の1つに陸上貨物運送業を挙げ、死傷年千人率で5%以上の減少を目指す。

 

 

 

 

隊列トラック 先頭車が負う【自賠責研究会】保有者責任変わらず

 

25年に電子タグ実装【コンビニに続き】ドラッグストアも宣言

 

荷主官庁と連携強化【関東運輸局】労働時間ルールなど周知

 

世界一の女流棋士に中国の於さん【センコーカップ】日・中・韓・台・欧で頂点競う

 

業績改善は限定的【全ト協経営分析】燃料価格下落も人材不足で

 

デジタルオペレーション開発部を新設など【ヤマト運輸】4月1日付で本社組織を改正

 

常磐線・浪江~富岡 19年度未開通【東日本大震災】復旧・復興の状況

 

 

 

 

 

【2018年3月23日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri