3月 20日 2018年

トラック業界により多様なドライバーを呼び込むため、国土交通省と全日本トラック協会は「女性ドライバー等が運転しやすいトラックの在り方検討会」を14日に設置した。今後、トラックメーカーやドライバーなど多方面からヒアリングを行い、運転にあたってキャビンへの昇降をはじめ配慮する事項をガイドラインとして、11月をメドにまとめる。

 

 

 

 

上港集団物流と提携【日本通運東アジア】幅広い分野で協力

 

基本運賃10%値上げ【JR貨物】労働力、新技術、設備投資促進

 

新滑走路整備と深夜増便で合意【成田空港】4者協議会で確認書を締結

 

中小荷主の物流支援【醍醐倉庫】ヤフー・楽天 ネットショップ出店

 

横浜港で試験運用【京浜港物流協】ICT活用、ゲート処理電子化

 

オープンイノベーション第1号【セイノーHD】非常用発電の負荷試験開始

 

<引越特集>

海外赴任のサイクル全体をサポート【日通海外引越】

 

生活支援のその先に【ヤマトホームコンビニエンス】豊かな暮らしの提案も

 

一時保管で引越支援【押入れ産業】引越事業者からの依頼増

 

組合員の価値を発信【赤帽首都圏協同組合】セレクト便で能力を登録

 

高品質へ理解求める【日本通運】研修 ピラミッド型を構築

 

中小企業のネットワークで【ベストサービス】Win―Win関係を構築

 

CMが好感度積上げ【サカイ引越センター】働き方改革で作業員確保

 

分散引越を呼びかけ【全日本トラック協会】優良認定事業者は323社

 

 

 

【2018年3月16日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri