3月 12日 2018年

地方産地から海外までのコールドチェーン構築のため、国土交通省の「交通運輸技術開発推進制度」を活用し、東プレ、トプレック、ヤマト運輸の3社は6~8日、羽田~那覇~香港間で新型航空保冷コンテナ(試作品)の試験輸送を実施した。それに先立ち6日、ヤマトグループの羽田クロノゲートで試作品を公開し、試験輸送の概要について説明した。

 

 

 

 

佐川との協業が拡大【日立物流】年間200億円の案件提案

 

8ポイント上昇の122【WebKIT】2月の成約運賃指数

 

伊物流会社を子会社化【日本通運】Fヴァーゴに続き

 

生産と物流を集約【GLP】マルチテナント型 流山Ⅰを竣工

 

ポートフォリオ変革へ【阪急阪神エクスプレス】HHCC2018開催 新体制で取組み加速化

 

温度リスクを補償【日本通運】専用保険の代理販売開始

 

北関東20回の割込み発生【トラック隊列走行】車間距離など検討が必要

 

企業間の連携強化【SGHD】BC訓練・交流会で検証

 

日本語版の運用開始【K&N】LCLオンラインつーむ

 

脳MRIは2万程度【国交省・脳疾患対策ガイド策定】就業への配慮を求める

 

 

 

 

 

【2018年3月日(金)


Filed under: ニュース

Trackback Uri