3月 6日 2018年

厚生労働省が発表した毎月勤労統計の2017年確報値によると、道路貨物運送業(規模5人以上の事業場が対象)の昨年末の常用労働者数は、前年末より2万2172人増え176万506人となったが、パートタイム労働者は逆に2万5635人減って27万5841人となった。パートタイムは3年連続の減少となる。

 

 

 

AI・ロボティクスを活用【センコーGHD】生産性向上へシステム活用

 

国内最大の冷蔵倉庫【東京団地冷蔵】2月28日に竣工

 

中小への波及が課題【運輸労連】春闘本番控え、現地の協議が重要に

 

業務担当者会議開く【JTP】月間10億円超す取引実績

 

大阪新整備工場が竣工【日通商事】最新設備導入のマザー工場

 

戦略的業務提携に合意【ANAとNCA】コードシェアなど実施、貨物スペースを有効活用

 

年次大会で事例発表【MH協会】マテハンの新技術を紹介

 

こどもミュージアム【D.N.A】ドライバー甲子園、宮田運輸がグランプリ

 

 

 

 

【2018年3月2日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri