2月 26日 2018年

自動車運送事業の働き方改革の一環として、警察庁は各都道府県警察に、貨物集配中の車両を駐車規制の対象からはずす具体的な場所(エリア)を検討するよう20日に通達した。国土交通省は、乗務時間など過労防止違反が認められた車両に対する行政処分を引き上げるため、20日からパブリックコメント(意見募集)を開始した。

 

 

 

 

変更届出37%に【トラック運賃料金】北海道と四国が5割前後

 

荷主協力方策を検討【働き方改革】第3回省庁連絡会議、行動計画に反映へ

 

貨客混載で共同輸送【日本郵便とヤマト運輸連携】改正物効法に認定

 

必要な費用を議論【トラック】運賃・料金検討会 共通の理解を形成へ

 

賃上げどの程度か【帝国データ】運輸倉庫6割が賃金改善見込む

 

物流は安全で成り立つ【ニチレイロジ】第2回フォークリフト全国大会、 兼久選手が優勝

 

平準化の効果は高い【国土交通省】物流生産性向上セミナー  顧客を動かす必要も

 

病院に車両2台贈呈【埼ト協】災害現場の救急医療へ

 

 

 

 

 

【2018年2月23日(金)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri