2月 14日 2018年

関東運輸局は7日、都内で物流効率化促進説明会を開催した。参加者は「託児所の設置」「リードタイムの短縮」「外国人の採用」「共同配送」「モーダルシフト」などへの関心が高いことがわかった。

 

 

 

企業の関与が重要【事故防止セミナー】運行と健康の一体管理を

 

ヤマ場は3月15日【全日通】社員制度 安心して働ける改革に

 

総額10億円超に 熊本地震被害【日本倉庫協会】記者懇談会で活動報告

 

【DNP】AI活用し柔軟な製造・物流体制構築

 

【DHL 国際貿易成長に対する早期指標】自動車産業による日本の短期経済成長の牽引を予測

 

ニッセンの物流受託【ハマキョウレックス】北陸地区に初進出

 

清水港を輸出拠点に【国交省】行動計画認定 新興津に物流施設

 

【物流雑学辞典】第69回 走行抵抗

 

 

 

 

【2018年2月13日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri