2月 5日 2018年

物流関係9省庁の局長級で構成される総合物流施策推進会議は1月31日、新総合物流施策大綱にもとづき今後推進すべき具体的な99施策をまとめた総合物流施策推進プログラムを決定した。うち60施策の目標・指標(KPI)を定め、トラック・鉄道・内航の積載効率、手待ち・荷役作業の削減率を明記した。

 

 

 

 

働き方の議論加速を【運輸労連】中央委員会、適正取引の進行確認も

 

国内出荷、1~3月は横ばい【日通総研短観】運賃の上昇圧力一段と

 

【矢崎がロジ勤怠と提携】勤怠管理システムの普及を支援

 

【運輸労連が50周年】物流を止めない知恵生かす

 

常に変革の意識を【ニチレイロジ】大阪でロジ女フォーラム

 

アスクル火災を討論【火災学会シンポ】高発泡消火の提案も

 

輸出3位、輸入5位【昨年の貿易額】原粗油、金額増も数量は減少

 

タイの店舗での日本の農水産品販売など本格開始【PT Retail、YGLなど】

 

 

 

 

【2018年2月2日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri