1月 29日 2018年

全国交通運輸労働組合総連合(交通労連)は17日、トラック部会中央委員会を開き、春季生活闘争方針を決定。賃金引き上げは昨年と同じ要求額だが、「昨年以上の実績を残し、組合員の期待に応えられるように交渉を進めて欲しい」(山口浩一委員長)と述べた。5年連続の賃上げに向けた2018春闘がスタートした。

 

 

 

 

 

上場を見据え真の自立へ【JR貨物グループ社長会議】

 

所沢に低温拠点、来年3月竣工【キユーソー流通】伊勢原にも「働く環境整える」

 

月100時間超28% 36協定【運輸労連】所定内賃金 事務職も比率高く

 

高度なロジ発信を【JILS】遠藤会長AIの必須条件に言及

 

受講修了者84人に【JA-LPA】物流施設調査員育成講座

 

トラック待機時間解消に向け実証実験【丸全昭和、ヤマト総研、日用品メーカーなど】

 

船便と航空貨物便で新輸送スキーム構築【鹿児島県、ヤマトHD、ANA総研など】

 

 

 

 

 

【2018年1月19日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri