1月 11日 2018年

物流関係各省庁は、昨年7月に決定した総合物流施策大綱にもとづく推進プログラムの策定作業の大詰めに入っており、1月中に開催する局長級の連絡会議で決定する。施策数は100を超える予定。国土交通省の重田雅史物流審議官は「推進プログラムは政策手段。我われが行いたいのは構造的問題としての人手不足、あるいは労働力デフレをどう乗り切るのか。乗り切ったあかつきにある強い物流に近づけていくため、2018年は生産性革命を本格稼働させたい」と述べている。

 

 

 

物流費比率は低下も【JILS 調査】値上げに応じたは過半数

 

18社連携の計画認定【物効法】東京団地冷蔵再整備 3月業務開始

 

駐車マスの改善を 使いやすい高速道路へ 中継輸送支援も

 

【年頭あいさつ】

全国通運連盟・渡邉健二会長   日本物流団体連合会・田村修二会長

国土交通省・重田雅史物流審議官   全日本トラック協会・坂本克己会長

JL連合会・迫慎二会長    日本SCM協会・唐澤豊会長

日立物流・中谷康夫社長

日本通運・齋藤充社長   丸運・荒木康次社長

 

【物流雑学辞典】第67回 重要物流道路

 

 

 

 

【2018年1月9日(火)付】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri