11月 22日 2017年

国土交通省と外務省共催による「国際物流セミナー」が16日に開催され、カンボジアのスン・チャントール公共事業運輸大臣兼上級大臣が基調講演。ロジスティクスに関するマスタープランが来年3月に完成すること、カンボジアは100%外資による投資が可能であり、「タイでの事業をサポートする生産拠点」として活用を求めた。

 

 

 

道路と港の連携を【諮問会議】首相 物流ネットワーク整備に言及

 

【郵船ロジ】ルーマニア物流企業買収

 

働き方改革の助成を【全ト協】政府与党に改めて要望

 

絆を強め、発展へ  押入れ産業が30周年

 

4倍強の取扱い「独身の日」【日本通運】上期 航空輸出重量が27%増

 

展示会レポート『Japan IT Week 秋』 11月8~10日、幕張メッセ

 

【ダイナベース】竣工前に100%成約

 

50周年感謝の集い【TRC】首都圏の流通に寄与

 

【オイシックスドット大地とヤマト運輸】農産品物流の課題解決へ 共同研究プロジェクト開始

 

【物流雑学辞典】第66回 台車とドーリー

 

 

 

 

【2017年11月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri