11月 15日 2017年

過積載車両に対する荷主対策が強化される。国土交通省道路局は、12月から直轄国道の基地取り締まり時に荷主情報を任意で聴取するとともに、来年1月から特殊車両申請時に荷主名の記載を求め、違反が認められた場合に再発防止を荷主に要請する。荷主名を記載した事業者には優先審査のインセンティブを検討する。

 

 

 

【日通商事 犬束卓 取締役常務執行役員物流商品・機器部担当 インタビュー】お客様の必要としているコトを提供

 

乗務中 脳疾患防げ【国交省】ガイドライン策定へ

 

「追い風に乗れた」鳥居社長【KWE】大幅な増収増益 通期予想を上方修正

 

人材確保をサポート【クレディセゾン】給与前払いニーズに対応

 

【三井倉庫】南本牧ふ頭地区に定温倉庫新設

 

【ダイワ運輸】地域交流会でふれあい

 

【大ト協、サカイ】防災訓練に協力

 

 

 

 

【2017年11月14日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri