11月 1日 2017年

日立物流は、新技術を実装した物流センター開設の動きを加速させる。昨年、研究開発専用施設「R&Dセンター」を東京都内に開設後、システムとして無人搬送車Racrew(ラックル)、無人フォークリフト、追従型AGVなどを導入しており、今後関西メディカルや富山に物流センターを開設し、働きやすい職場環境の整備を目指す。

 

 

 

待機時間料をPR【国土交通省】パイロット事業 38事業で着荷主参加

 

新砂に大型中継センター【SGHD】配送時間を短縮 積合せチャーターも

 

通関時間3分の1に【JICA】OSBPを14カ所に導入

 

【シーアールイー 「ロジスクエア」】鳥栖は日通、春日部はコイズミ物流と契約

 

働き方改革を講義 兵ト協物流セミナー

 

労働災害の防止へ【建荷協】11月、特自検の強調月間

 

自らの発信が変化へ【ニチレイロジG】第3回 ロジ女フォーラム開く

 

【物流雑学辞典】第65回 パレット

 

 

 

 

【2017年10月31日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri