9月 19日 2017年

全日本トラック協会は、国土交通省が6月末に策定した事業用自動車総合安全プラン2020を受けて、トラック事業の自主目標を策定した。20年目標は、死亡事故件数200人以下、人身事故件数1万2500人以下は国交省と同じだが、死亡事故件数を車両台数1万台当たり「1.5件以下」とする新たな重点削減目標を設定した。

 

 

 

 

災害時の応援で協定【関ト協事業者大会】1都7県の人員と車両活用

 

ドライバー、庫内・管理の2本立て【カンダHD】現場改善の活動発表、2432人参加

 

お互い知恵を絞り【JTP】業務担当者会議を開く

 

大型・重量物包装部門賞を受賞【リコーG】「複写機用新循環型エコ包装」

 

需要予測事業でインテージと連携【日本気象協会】POSデータを活用

 

10カ月連続の前年超え【JR貨物】

 

履物メーカーを買収【センコーGHD】

 

展示会ルポ【ロジスティクスソリューションフェア2017】

 

 

 

 

【2017年9月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri