9月 12日 2017年

ASEANでのコールドチェーン物流プロジェクトを推進するため、日ASEAN物流専門家会合が6日に開催され、日本側が各国政府や物流事業者が取り組むべきコールドチェーン物流に関するガイドライン案を提示した。今後、約1年間かけて議論を重ね、来秋に開催が予定されている日ASEAN交通大臣会合で了承を得る。

 

 

 

《フードディストリビューション2017 特集号》

【トヨタL&F】  未来を、ともに創る  物流現場の改善活動に活用

【ダイフク】   集品作業ミスの防止  自動倉庫の地震対策を紹介

【丸和運輸機関】  産直物流サービス紹介  食品スーパーの経営支援を提案

【キユーソー流通システム】 物流現場の経験強み  情報サービスとコンサル提案

【大和ハウス工業】  最適な事業用地選定  食品施設開発をサポート

【岡村製作所】  食品物流センターで高い評価  パレットストレージシステム

【シーネット】  各種認識システム展示  AIで食品流通に変革を

 

物流見える化を支援【農林水産省】パレ・予約システム導入も

 

【日通総研】紙の日報変更せず  データ分析、無料でアドバイス

 

最賃引き上げ力を検討 中小向け連絡会議が発足

 

働き方改革テーマに【運輸労連】10月12~13日 運輸問題研究集会

 

【物流雑学辞典】第63回 コネクテッド ロジスティクス

 

 

 

 

【2017年9月12日(火)付】

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri