8月 23日 2017年

定量積載で運行していたトラックが、高速道路を走行しようとしたところ、入口ゲートに設置された自動軸重計測器が軸重超過と測定した。この車両が高速道路料金別納制度を利用する協同組合の組合員の車両だったことから、加入している協組宛てに高速道路会社から車両制限令違反の”警告書”が届いた。

 

 

 

 

国土交通省/新任幹部の横顔

「物流の新しい価値を」総合政策局物流政策課長・英浩道氏

「世界トップレベルを」自動車局環境政策課長・久保田秀暢氏

 

新型航空保冷コンテナの研究開発に着手【国交省】ヤマト、東プレなど参加

 

クール宅急便、新型車両開発【ヤマト運輸】3月末までに400台導入へ

 

物流タウン構想提唱【大和ハウス工業】IoTと物流を融合し

 

地域社会の活性化へ【ヤマト運輸と茨城県】包括連携協定を締結

 

カンボジアの大学で食品物流を講義【郵船ロジスティクス】官民共同プロジェクトの一環

 

上海浦西物流センター開設【山九】中国国内向け物流拠点

 

 

 

 

 

 

【2017年8月18日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri