ニュース



2 6月日 2020年

経済産業省に設置された「自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会」は、5月28日に第2回会合を開き、遠隔監視・操作型の公道走行実証を年内の可能な限り早期に実現するため、技術開発(センサー技術・システム連携)や技術データの収集・分析、社会受容性に向けたあり方を検討していく方針を決めた。

 

 

 

特積み2年連続減【2019年度】宅配は5年連続増を維持

 

物流大手で導入進む【業績連動型株式報酬制度】企業価値共有図る

 

【三菱ふそう】北米で新車販売を廃止

 

【キリングループロジスティクス 山田崇文社長 インタビュー】

「会社は人」がポリシー  グループ全体で物流課題を解決

 

【寄稿 コロナ禍に思う  小西昌樹氏】

仕事の仕組みを改革する絶好の機会

 

高齢労働者の労災を防げ【厚生労働省】エイジフレンドリーガイドライン

 

物流ドローン量産化【ANAとエアロネクスト】レベル4視野に

 

45~59歳は要注意【陸運業】昨年の確報値 死傷者数は高止まり

 

【福岡運輸】新北九州営業所が稼働 グループのシナジーも

 

 

 

 

【2020年6月2日(火)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri






29 5月日 2020年

経済産業省の産業構造審議会通商・貿易分科会は、コロナ危機を踏まえた今後の対外経済政策のあり方をテーマに、26日にWeb会議を開き、予期せぬ緊急時にも柔軟に対応できる「効率最優先型」から「臨機応変型」へのサプライチェーン転換を図っていくことを提言した。

 

 

 

100人の社長を育てる【SBSHD】東芝ロジを子会社化、売上5千億目指す

 

熱中症の時期到来【陸上貨物運送】全体の14%を占める

 

物流施設も対象に【国内投資促進事業】7月22日まで公募

 

82%が配達員に感謝【JMRO世論調査】業務継続望むは61%に

 

今年度後続無人実証へ【トラック隊列走行】時速80キロで走行実験

 

人手不足感増す、運輸業が最多【商工会議所】同一労働同一賃金、説明できないが多数

 

BCP作成ガイドライン「第2.0版」【物流連】バージョンアップ

 

2年経て一般公開【物流連】テレワーク導入ガイドライン

 

新型コロナ融資の公募枠100億円に拡大【全ト協】当初予定の10倍に

 

 

 

【2020年5月29日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






26 5月日 2020年

新型コロナウイルスの感染抑制に向けた「新しい生活様式」の一つ、出前・デリバリーの配達員が、自転車で高速道路を走るなどの交通違反を犯したり、歩行者をはねる、車と衝突して配達員が亡くなる人身事故まで発生している。自転車を使った出前代行だが、対価を得てモノを運ぶ行為は、れっきとした運送事業であり、働く人の保障確立のためにも法整備が必要なのではないだろうか。

 

 

特積みからロジへ【セイノーHD】新中計 コロナ禍をチャンスに

 

【日本通運】米医薬品物流会社買収

 

データ連携を開始【Hacobuと日野】MOVOにGPS接続

 

貨物車エネルギー消費 8年連続減少【2018年度】原単位も低い水準に

 

市場規模1千億円【矢野経済】医薬品・医療器材物流委託 一気通貫の機運に

 

【CBcloud】那覇空港を追加 空陸一貫輸送サービス拡充

 

物流施設初の取得【SGアセットマックス】生物多様性認証 佐川東京ロジCで

 

医薬品輸入27%増 中国は減【4月の貿易】輸出 自動車関連が大幅減

 

在宅勤務者に好評【センコーGHD】インスタが会社と自宅つなぐ

 

【心の栄養 論語を読もう 51】

 

 

 

 

【2020年5月26日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






22 5月日 2020年

日本気象協会は、悪天候時の輸送安全を支援する物流向け新サービス「GoStopマネジメントシステム」の提供を6月1日から全国で開始する。高速道路を対象に、気象による輸送影響リスクを72時間先まで地図や表により一目で確認できる。

 

 

 

 

危険手当給付創設を【全ト協・日貨協連】2次補正で与党に要望

 

特定広域道路指定へ【国土交通省】高規格道路と一体整備

 

郵便・物流事業2ケタ増益【日本郵便】国際物流は損失計上

 

運賃指数は120【KIT4月】前年比10ポイント減、求車は66.3%減

 

5年連続最高益更新【ニチレイロジG】巣ごもり需要取込でカバー

 

荷卸後は社内消毒を【感染予防】物流各団体がガイドライン

 

終盤に需要が急減【日本通運第4四半期】半導体・電子部品堅調も

 

鉄道貨物と意見交換【食品流通合理化検討会】1次中間まとめ、資材の規格統一検討

 

ZOOM使い勉強会【共栄システム】テレワーク手法を実践

 

 

 

 

【2020年5月22日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






19 5月日 2020年

感染症の完全収束は長期的になる可能性があり、経済活動はこれまでのビジネスモデルに完全に戻ることは難しいとの認識に立ち、経済産業省の産業構造審議会成長戦略部会は、感染拡大防止と両立するビジネスモデル再構築の検討に入った。強靭なサプライチェーンの構築や事業ポートフォリオ見直しがテーマに掲げられている。

 

 

 

実働率が急激に悪化【全ト協 景況感調査】 4~6月見通し ▽100に迫る状況

 

経営体制再編を変更【ヤマトHD】持株会社体制を維持 ヤマト運輸に6社吸収

 

敬意と感謝伝える 赤羽大臣がメッセージ

 

次期予想 営業利益82%減【日野自動車】NLJなど新領域にチャレンジ

 

待機時間把握は半数【JILS】荷主意識調査 実車率は26%のみ

 

モノフル「トラック簿」 利用ドライバーが1万8千人を突破

 

バッテリー 必要分のみ提供【イグアス】電動フォークで新サービス

 

航空輸出重量 ベトナム90%増【KWE】中計1年目の進捗堅調に

 

【JR貨物】2年ぶりに営業利益100億円台を達成

 

【ヤマトHD】宅急便単価上昇し増収も人件費増などで減益

 

 

 

 

【2020年5月19日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






15 5月日 2020年

物流各社の2020年3月期決算が発表されているが、多くの企業は次期業績予想を保留にしており、数値を示した企業もほとんどが減収減益と予想している。新型コロナウイルス感染の収束次期が見通せないばかりか、経済低迷が長期化する懸念がある中、それでも次期(今年度)の事業戦略を決算短信で明記した企業もある。

 

 

 

環境変化でも成長を【住友倉庫】新中計がスタート

 

飛躍に向け準備を【丸運】20~22年度中計、ベトナムでのM&Aも

 

内航 RORO船貨物拡販【日本通運】鉄道 生産性向上施策推進

 

通運デポや河川輸送【東京大会食品物流】効率化15事業を選定

 

商用EV開発で協業【日野自動車】中国大手BYDと提携

 

理解示すオーナーも【ローソン】トイレ使用休止で

 

春の引越し大幅減少【引越し侍】コロナ影響をアンケート調査

 

パフォーマンスの高い機能を中小通販に提供【佐川GL】ECプラットSに注目

 

幹線輸送の効率化が鍵【セイノーHD】

 

11期連続経常増益【センコーGHD】

 

 

 

 

 

【2020年5月15日(金)付】

 

 

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri






14 5月日 2020年

4月30日正午頃に発生した、宮城県・岩沼市のプロロジスパーク岩沼Iの火災は丸6日間燃え続け、5月6日16時過ぎに全焼で鎮火した。30日午前11時45分ごろ、2階冷蔵室から煙が出ているのを従業員が発見、消防に通報した。岩沼市あぶくま消防本部によると、火は保管されていた食用油に広がり、西側の燃え方が特に激しかったという。

 

 

 

【日本通運】国内外で取り組み強化 半導体    流通共同化提案展開 医薬品

 

GOAL 700人体制へ【SGHD】22年3月期まで上方修正

 

ゆうパック3・4%増【19年度の郵便小包】ゆうメール2・2%減

 

50%以上の割引を【全ト協と日貨協連】高速料金で緊急要望

 

【日通総研短観】国内 1~3月は△38 9ポイント低下   4~6月の下振れは必至

 

【日本通運】424億円の減収 感染症の影響

 

【日立物流】売上6722億円(5・2%減)  コロナ影響、国際で深刻化

 

 

 

 

【2020年5月12日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






30 4月日 2020年

内閣府に設置された事業環境改善のための関係府省庁連絡会議は、2030年に世界銀行のビジネス環境ランキングでG20中1位を目指すための施策として、貿易手続きを含む港湾物流の円滑化を挙げ、AIターミナルを実現して2023年度までにターミナルゲート前待機時間のほぼ解消を目指す目標を設定した。

 

 

 

24日付けで大臣告示【標準的運賃】4年間の時限的措置

 

取引適正化を継続【UAゼンセン】要請に国交省が回答

 

最大200万円給付【中企庁】貨物運輸業向けに支援策

 

ほぼ横ばいの4.9%【JILS】19年度物流コスト比率、輸送費の割合58%

 

利益改善は限定的【全ト協】軽油価格再上昇が影響

 

6年ぶり21兆円台に【産業連関表】物流の国内総供給、倉庫は2兆円目前

 

AWBの取扱不要に【JAL】国内航空貨物で初、ペーパーレス実現

 

北海道の企業立地【国土強靱化施策集】促進補助事業を紹介

 

1年間かけて積載率向上やフルトレーラの効果見極める【インタビュー/梅村幸生社長・NEXT Logistics Japan】

 

 

 

 

 

【2020年4月28日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






27 4月日 2020年

経済産業省は、物流分野における新しいモビリティサービス(物流MaaS)勉強会を昨年12月に設置し、物流の目指す将来像やその実現に向けた商用車業界の取り組みを検討した成果をまとめた。車両管理に必要となるトラックデータの標準仕様を前提に、幹線輸送・結節点・支線配送(域内~末端)それぞれで最適物流を実現する。

 

 

 

20年代後半に量産化【ダイムラー・ボルボ】燃料電池トラックで合弁

 

自主宣言924社に【ホワイト物流】契約の書面化が3.6ポイント上昇

 

なるべく1人1車で【東商提示】物流業の感染対策

 

輸出混載91万トン、25%減【19年度の航空貨物】輸入通関228万件、6.7%減

 

客室内に貨物搭載【ANA】国際線約9割運休のため

 

営業利益率△0.1%【全ト協経営分析】18年度、経常段階では黒字拡大

 

コロナ感染、療養施設で活用【ZMP】物流支援ロボットを提供

 

6.3ポイントの下方修正【IMF】実質GDP、日本は△5.2%

 

バス・トラック輸出は7.3%減【3月の貿易統計】コロナで輸出全体11.7%減

 

 

 

 

【2020年4月24日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






21 4月日 2020年

全47都道府県に緊急事態宣言が出され、経済や物流は停滞を余儀なくされている。それでも赤羽一嘉国土交通大臣は「物流は重要なインフラであり、緊急事態においても必要な機能を維持することが求められる」と述べており、物流現場には感染の不安にさらされながらも業務をまっとうする姿がある。現物流大綱は、変化する状況に的確に対応し、効率的・持続的・安定的に機能を発揮する「強い物流」の実現を目指している。最大の試練にある中、これを乗り越えようとする各物流企業のさまざまな取り組みをレポートした。

 

 

初の複層階バース【泉北高速鉄道】北大阪TT1号棟が竣工

 

医薬品センターなど引渡し【日本通運】物流4施設プロロジスへ

 

3月までに56件発生【事業用自動車死亡事故件数】準中型は10件に

 

ゼロエネルギー倉庫を補助【LEVO】公募を開始、予算7.8億円

 

AGFを7台導入【日本通運】鳥取県の配送センターで

 

減収見込みは55%【帝国データ】運輸・倉庫も同様に

 

マジックラック導入【鴻池運輸】海老名流通C本格稼働、5拠点で100億円投資

 

AI配車システムにバース予約システム融合【ライナとHacobu提携】

 

BtoBへ領域拡大【矢野経済研究所】EC決済サービス市場、23年度に28兆円へ

 

 

 

 

【2020年4月21日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri