アーカイブ 作成者



10 12月日 2019年

今年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰の受賞者が決定した。国土交通大臣表彰に佐川急便、JR北海道、天塩ハイヤーによる「日本初の鉄道とタクシーを組み合わせた貨客混載輸送」、経済産業大臣表彰にライオンなど日雑3社とトランコム、日立物流ソフトウェアによる「店舗用販促物の3社共同配送事業」が選ばれた。

 

 

 

魅力ある業界の転換点に【全ト協 坂本会長】運転者に自信と誇りを

 

標準化研究会立ち上げ【加工食品】年度末 アクションプラン策定

 

【経済対策】大口・多頻度再延長 荷役設備も再び対象

 

人件費 全産業並みへ  標準的な運賃、年度内に【全ト協理事会で伊地知自動車局貨物課長】

 

荷待ちを詳細分析へ【建設資材物流】付帯作業など 優良事例も調査

 

ホワイト経営を解説【損保ジャパン日本興亜】ロジセミナー開く

 

テロへの対応で講演 日通グローバルセミナー

 

北九州の拠点再編【山九】第1弾 最大級の独身寮着工

 

底支えなど再定義 連合【運輸労連セミナー】格差ゼロへ正々堂々要求

 

冷蔵倉庫事業が牽引【ヨコレイ】養殖事業拡大で安定成長へ

 

業界の実態を説明【国土交通省】運賃 まだ完璧な上昇にない

 

ロボット32台導入【佐川GL】蓮田にECプラットフォーム開設

 

伝票電子化訴える【JPRとイーソーコ】課題解決シンポで

 

 

 

 

【2019年12月10日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






9 12月日 2019年

日野自動車の子会社NEXT Logistics Lapan(本社=東京、梅村幸生社長、NLJ)とアサヒグループホールディングス、江崎グリコ、千代田運輸、トランコム、ユーネットランス(同愛知県豊田市)は、新たな幹線輸送スキームを事業化する。各社はNLJへ総額約1億円を出資し、9日より同スキームを運用開始する。

 

 

飲酒、ICT、高齢【事故対策検討会】次期安全プラン見据え対策

 

電子保管サービス、1日から開始【NACCSセンター】必要書類を検索・閲覧可能

]

大口多頻度50%割恒久化を【大貨協連】与党に要望書手渡す

 

24年までに自動化ソリューション採用【ゼブラ】未来の倉庫業務を調査

 

中間決算は減益も売上高は3期連続で過去最高額に【エスライン】

 

倉庫内業務可視化【プロロジスとKURANDO】アプリを共同開発

 

日通の現場は、今・・・

一人ひとりの業務の棚卸しで【加藤憲治執行役員関東・信越エリア担当首都圏支店長】働き方改革を実現

 

 

 

【2019年12月6日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






9 12月日 2019年

環境省は、2015年11月に策定した「気候変動の影響への適応計画」のフォローアップ結果をまとめた。昨年は、7月豪雨をはじめ災害が相次ぎ、貨物列車の運行に影響したことから、新たに連絡調整会議を開き、貨物列車の早期再開に向けた取り組みを始めた。

 

 

 

貨物部門の削減鈍化【2018年度のエネルギー需給】2013年度比4.1%減にとどまる

 

運賃指数131に【KIT10月】景気停滞感を反映

 

横浜羽沢駅に導入【JR貨物】全国30番目のE&S

 

重要課題は待遇改善【JR貨物労連】第29回定期大会、自然災害もテーマに

 

1都3県で500台導入【ヤマト運輸】小型EVトラック、乗用車並のシート高に

 

東京営業所が優勝【SGムービング】第8回品質選手権

 

物流施設をXD活用【トランコム】求貨求車でGLPと提携

 

西東京バスと客貨混載の実証運行【ヤマト運輸】2020年の本格運行目指す

 

 

 

【2019年12月3日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






9 12月日 2019年

労働政策審議会労働条件分科会が25日に開催され、改善基準告示の見直しを審議する「自動車運転者労働時間等専門委員会」(仮称)の新設を決めた。公労使の三者で構成され、委員は三者同数で合計18人、総拘束時間の見直しなどを中心に検討する。

 

 

 

翌々日配送、卸~小売間でも【加工食品】実証実験で効果を測定

 

共通の基盤づくりを【物流連】モーダルシフト大賞にキユーソーなど

 

大阪で27日から3日間開催【第1回関西物流展】業界の課題解決と発展へ

 

台風19号、被害甚大【日本倉庫協会】第16回物流フォーラム 支援倉庫対応を報告

 

アサヒビール吹田工場に新アシストスーツ納入【UPR】作業者業務効率化を

 

ピッキングロボット開発へ【ファーストR】倉庫自動化へ2社と提携

 

猪名川プロジェクトを防災・雇用面で支援【プロロジス】2020年4月に着工

 

総待機時間短縮へ【モノフル】「トラック簿」に新機能

 

ブロックチェーン検証済み【UPSとハードエックス」牛肉の国際輸送を実現

 

 

 

 

【2019年11月29日(金)付け】

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri






28 11月日 2019年

次期社会資本整備重点計画・交通政策基本計画策定のため、国土交通省は社会資本整備・交通政策両審議会計画部会合同会議を21日に開催し、2015年に策定した計画の見直しに着手した。自然災害リスクの低減、地域活性化、少子高齢化の中でも経済成長を実現するための生産性向上、情報技術や新技術の社会実装などが主なテーマとなる。

 

 

 

[国際物流特集]日本品質を世界へ

【日タイ物流WS】初の商談会で交流   コールドチェーン 物流機器や技術紹介

【日本通運 堀切智取締役専務執行役員海外事業本部長に聞く】変化を早めに察知し 他社に先駆けて対応

【日通商事 田中敦常務執行役員に聞く】日通の物流サポートセグメント 得意領域を事業展開

【日立物流】協創戦略の実行へ SGHDとは海外が課題

【阪急阪神エクスプレス 井上祐次執行役員経営管理本部副本部長に聞く】事業規模拡大に注力 バランスの取れた事業ポートフォリオへの変革を

【ダイフク】ローカル化を加速 現地生産体制の整備を推進

【カンダホールディングス  竹牟禮淳PGE取締役兼カンダホールディングス国際事業部長に聞く】国際、100億円を突破  越境ECでサービス拡充

【ニチレイロジグループ本社】ASEANで拡大を 世界のスタンダードへ

【センコーグループホールディングス】推進計画の仕上げへ  ASEANネット  広い面へ拡大

【シノジャパン】@Hywayを世界に 越境ECで新規事業拡大

【厳しい状況が続く貿易環境】輸送用機器は前年をキープ

 

【物流雑学辞典】第101回 国際物流資格

 

【日本通運 海外事業】半導体で成果創出へ

 

 

 

 

【2019年11月26日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






25 11月日 2019年

事業用貨物自動車の車庫の認可審査が厳しくなってきた。特に1台当たりの収容面積の厳密性を図っているもので、地価の高い都市部の事業者が新たに車庫を増設する際、既存の車庫と同じ面積なのに同じ台数が収容できない-といったケースが出てきそうだ。

 

 

 

トラック分散化を別途検討【家庭紙懇談会】同じ使い方できないか、予約システム

 

付帯料金未収受は35%に【全ト協調査】11~20台、51台以上で苦慮

 

1月8日まで自宅外受取キャンペーン【ヤマト運輸】クロネコメンバーズ会員対象に

 

第1回関西物流展特集

人手不足の今こそレンタルパレットを【日本パレットプール】

 

動力付きアシストスーツ【ユーピーアール】最軽量「Ep+ROBO」

 

カゴ車位置情報をGPSで追跡【日建リース工業】温度管理やトレーサビリティにも対応

 

ストラングシステムなど【郵船ロジスティクス】優れた物流技術を紹介

 

多彩な「パネル展示」【全国通運連盟】認知度向上へ広報を強化

 

 

 

 

 

【2019年11月22日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






25 11月日 2019年

東京都、東京2020組織委員会、農林水産省、経済産業省、国土交通省は、来年のオリンピック・パラリンピック競技大会期間中に都心部・東京圏広域(圏央道内側)、首都高速道路で交通量3割減を達成するため、荷主企業と物流事業者に対し、一体となって検討するよう要請する文書を5者共同で発出した。

 

 

 

物流抑制わずか5.8%【帝国データ】東京五輪意識調査 25%が検討していない

 

加工食品、紙・パルプ、建材  荷待ち改善へ中間報告

 

JR貨物 経常益100億円以上確保へ

 

横浜冷凍 新社長に松原氏

 

横浜支店チームが優勝【日本通運】第2回 引越作業コンテスト全国大会

 

兵ト協セミナー 市場の声を聴く力を

 

SiCOSを進化【三菱ロジスネクスト】新型バッテリーフォーク発売

 

【RSA】女性目線でトランクルーム多様化を討論

 

埼玉に医薬拠点相次ぐ

【日本通運】6.5万㎡の東日本センター

【三井倉庫HD】関東地区2棟目に

 

悪い荷主の公表を【自民党トラック議連】新事業法〝健康に育てて〟

 

東京店が総合優勝【佐川モータース】第2回メカコンテスト

 

 

 

 

【2019年11月19日(火)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






25 11月日 2019年

改正貨物自動車運送事業法のうち、事業者にかかわる部分(規制の適正化、事業者が遵守すべき事項の明確化)が11月1日から施行され、これらを具体化するため、国土交通省は12項目に及ぶ通達を発出した。地方適正化実施機関が行う巡回指導結果の報告を活用するなど、地方運輸支局による監査との連携を強化する。

 

 

 

APLLの利益改善【KWE】鳥居社長「ハイテク普及へ対応」

 

時間外労働 年3.6%減で達成【物流倉庫議連】倉庫税制延長へ意思統一

 

流山にサテライトオフィス【センコーGHD】事務系の生産性向上へ

 

20年実現へ夏に方針【自動運転】隊列走行 専用スペース確保が課題

 

不在配送回避システム開発へ【佐川急便など 電力データ使い】来年中に実証実験

 

「運びきる力」を発揮【キリンGロジ】パートナーから選ばれる会社に

 

日本文化を海外へ【日本通運】海外展開ハイウェイで支援

 

【サカイ 引越サービスコンテスト】接客と技術競う

 

【トヨタL&F サービス技能コンクール】 地域一番の物流ドクターへ

 

待機時間を10%削減 横浜港2ターミナルで検証へ

 

経常100億円以上達成を【JR貨物】グループ社長会議 一体となり取り組む

 

 

 

 

【2019年11月15日(金)付】


Filed under: ニュース

Trackback Uri






20 11月日 2019年

福山通運の2019年度上半期の運賃は、キログラム単価で前年同期より4・5ポイント、前々年同期からは12・6ポイントそれぞれ上昇した。6日に開いた2020年3月期連結中間決算の説明会で明らかにした。

 

 

 

【日本通運 溝ノ口物流センターD棟竣工】首都圏に隣接 都市型高機能物流拠点

 

通期見通し 目標は変更せず【丸運】要員確保へ出口戦略 次期中計

 

超過保管料厳格化【東京港】オリパラに備え12月から

 

ダイバーシティへ進化【ニチレイロジG】第7回 ロジ女フォーラム

 

グループ28社一丸で協力【カンダHD】第40回カンダ祭り

 

シカゴ線も就航 成田-上海に続き【ANAカーゴ】ボーイング777F

 

ダイワ運輸  地域交流会でふれあい

 

富永社長 大きな成長の時【福岡運輸HD】大阪・茨木に同社最大倉庫

 

 

 

 

【2019年11月12日(火)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri






20 11月日 2019年

全日本トラック協会の坂本克己会長は、在阪専門紙とこのほど記者会見し、「現場で汗を流すドライバーの皆さんが〝ええ業界や〟と思える業界にしないといかん」と、ドライバーの労働環境改善という同氏の根底を流れるポリシーを語った。

 

 

 

【日通商事 整備製作部】第1回 AQSコンテスト 「ゆるぎない信頼」

 

大賞 キユーソー流通ほか【物流連 Mシフト優良事業者】 往復実車率96%に

 

デジタル化事例紹介【大塚倉庫とTSUNAGUTE】先進オフィス見学

 

 

 

 

【2019年11月8日(金)付】

 

 


Filed under: ニュース

Trackback Uri